スポンサーリンク

大本命!大阪万博関連銘柄に投資で一攫千金!

スポンサーリンク

こんにちは、億持ってない億男です。

2025年に国際博覧会、通称「万博」の開催国が日本に決定し、開催地は大阪となりました。

2020年に開催される東京オリンピックに続き、大規模な国際的なイベントの日本開催は、日本国内だけではなく世界からも注目が集まっています。

日本での開催は2005年の愛知県で開催された「愛・地球博」以来20年ぶり、大阪での開催は1970年に開催された「大阪万博」依頼55年ぶりです。

大阪万博の開催が発表された日の株式市場には、特に万博中心の関連株に注文が入りました。

それに伴い大阪府と大阪市は、大阪万博に合わせて統合型リゾート(IR)の建設を検討しており、カジノ関連株にも注目されています。

スポンサーリンク

万博とは

国際博覧会条約という国際条約に基づいて、正式に博覧会事務局(BIE)に登録又は認定されたもので、今回の大阪万博もパリに本部のある博覧会事務局(BIE)に認定された博覧会です。

万博がきっかけとなって世界に広まった技術には以下のようなものがあります。
・エレベーター(ニューヨーク万博:1853年)
・電話(フィラデルフィア万博:1876年)
・ファミリーレストラン、電気自動車(大阪万博:1970年)
・AED(愛知万博:2005年)

これらは今となっては常識的に利用されているものも多く、世界の新技術や製品などが一同に集結し、展示され、それぞれのアイディアが共有される場ともなっています。

大阪万博とは

大阪万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」

テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。

サブテーマは「“Designing Future Society for Our Lives”」

開催期間:2025年5月3日(土)〜11月3日(月) 185日間

開催場所::大阪・夢洲(ゆめしま)

想定来場者数:約2800万人
コンセプトは「未来社会の実験場」

・世界80億人がアイディア交換をし、未来社会を共創
・世界中の課題やソリューションを共有できるオンラインプラットフォームの立ち上げ
・人類共通の課題解決に向けた先進技術などの世界の英知を集め、アイディアの創造と発信
となっています。

この大阪にある夢洲ですが、1980年代に新都心として開発が進められましたが、バブル崩壊により頓挫し、2001年大阪オリンピックの誘致活動にも失敗しました。そんな夢洲が今多さ万博の開催地となり、またとないチャンスが到来しています。

大阪万博の経済効果

日本経済及び大阪・関西の地域経済の活性化、ビジネス機会の拡大による中小企業の経営強化によって、およそ2兆円の経済波及効果が見込まれています。

観光・地域の活性

関西では近年外国人観光客が急増しており、2025年の万博で観光客をさらに増やすだけではなく、日本の歴史や文化を誇る大阪が外国人観光客と異なる文化交流を行うことで更なる認知度の上昇が期待されます。

空き地である夢洲の開発が進められ雇用の機会も増え、外国人観光客の増加の見込みがあり、また同時に、今進められているカジノ法案が進められれば、夢洲でのリゾート施設がつくられることで、万博との相乗効果も期待され、より経済効果が見込めるでしょう。

雇用促進

空き地だった夢洲の再開発に伴う建設などから、大阪周辺の鉄道会社、ホテルを運営する会社、インバウンドなど、万博には多くの業種・職種が深くかかわり、多くの雇用の創出が期待されています。

過去の万博開催国の株価の変化

・上海国際博覧会
2010年5月から10月に中国で開催されました。
開幕月の株価指数(上海総合株価指数)は2,592.15で、閉幕月は2,978.83でした。
騰落率はプラス14.91%となりました。

・ミラノ国際博覧会
2015年5月から10月に開催されました。
開幕月の株価指数(FTSE MIB指数)は23,495.68で閉幕月は22,442.51でした。
騰落率はマイナス4.48%となりました。

・アスタナ国際博覧会
2017年6月から9月にカザフスタンで開催されました。
開幕月の株価指数(カザフスタン総合取引所指数)は1,659.9で、閉幕月は2,049.24でした。
騰落率はプラス23.45%となりました。

もちろん、万博以外にも市場や政治経済などの要因にも株価は左右されるため、万博で絶対に株価が上昇する、とは一概には言えませんが、万博に関連する企業などは株価が上昇する可能性があります。

投資のポイント

2025年に開催ということで、今から株を注文し保有することで、もしかしたら5倍、10倍以上の値上がり益に期待できる可能性が高まります。どのような企業に投資をしたらよいのでしょうか? 

夢洲に土地を保有している企業などは、夢洲の開発に大きく貢献する可能性が高く投資家から注目されています。

また、前回の愛知万博で何か実績を残した企業が大阪万博に関わる場合今回も実績を挙げることが期待されています。

観光業や、アミューズメント、宿泊、建設などの業種はもちろん、警備やインフラ、カジノに携わるゲーム企業といった多岐にわたる業種が値上がりするであろうと考えられています。

投資する際には、大阪万博のニュースが出て株価が上昇してから買ってしまっては、高値掴みをしてしまう可能性があるため、企業分析はもちろん、株価の値動きをじっくりと見て、判断してから買いましょう。

スポンサーリンク
お問い合わせ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク