スポンサーリンク

海外FXで稼ぐ

スポンサーリンク

こんにちは、億男です。
短期間で高収入を得られる副業というと、FXが有名です。
レバレッジをかけられるFXの場合、少額であっても高額の取引が可能なので、トレードに成功するとごく短い期間で資産を倍増させることができます。
ただし、昔と違って現在の国内FXは規制もあってかレバレッジが25倍と低めで、稼ぎ難くなったというデメリットがあります。
中には国内の稼ぎ難い環境から逃れ、海外FXで稼ぐというトレーダーも増えているのですが、果たして海外FXだとどのくらい稼げるのでしょうか?
今回は海外FXで稼ぐをテーマに記事を作成。海外FXが稼ぎやすい理由や、稼ぐためのコツなどを解説します。

スポンサーリンク

1.FXが稼ぎやすい理由

FXというと、為替市場を対象にした取引で、買いだけでなく、売りからでもエントリーが可能という特徴があります。

そのため、FXだと上昇相場だけでなく、下降相場でも稼ぐことが可能です。これが株式投資の場合、信用取引などの一部の例外を除いて、上昇相場でないと差益は狙えないです。

上昇時だけでなく、下降時でも利益を稼げるFXは、それだけでも株式投資よりも稼ぎやすいということがわかります。

それに加えてFXではレバレッジをかけることで、少額でも高額のトレードが可能です。

例えば1ドル100円の時にレバレッジを25倍に設定してトレードをすると、本来であれば1万ドルの取引には100万円が必要なところを、わずか4万円で取引ができるようになります。

仮に1万通貨分の買い注文を入れ、1ドル101円まで円安が進行してから決済をすれば、わずか1円の値動きで1万円もの利益を稼ぐことができます。

買いだけでなく売りからでもエントリーが可能。そしてレバレッジをかけることで少額であっても高額の取引が可能。この2点があるからこそ、FXは他の投資と比べて稼ぎやすいのです。

もちろん、リターンが大きい分、リスクも大きい取引になるので注意が必要です。

2.海外FXの方が稼げる理由

ただでさえFXは、他の取引以上に稼ぎやすいという特徴があるのですが、その中で海外FXは国内FX以上に稼ぎやすいです。

というのも、国内FXは金融庁の規制もあってか、レバレッジの上限が25倍までと制限されているのに対して、海外FXにはそこまで厳しい制限はないからです。

海外FXのレバレッジは25倍よりも高いことが当たり前な世界です。FX会社の中には、800倍から1000倍など、国内のFXとは桁違いなレバレッジを用意しているところもあります。

仮にレバレッジ1000倍で取引をするとした場合、どのくらいの利益率となるのでしょうか?

レバレッジが1000倍ということは、取引用の資金に対して1000倍の取引ができます。

仮に取引に使用できる資金が10万円ならば、その1000倍の1億円もの大金がある前提で取引できるということです。

例えば1ドル100円の時にレバレッジを1000倍に設定し、100万通貨分のロングポジションを保有。その後、1ドル101円までレートが上昇した後に決済をすると、その利益は100万円です。

国内FXの上限である25倍でも十分に高額の利益を狙えるのですが、レバレッジが1000倍になると資金が10万円程度の少額であっても法外な利益を一瞬で稼ぐことができるのです。

海外FXで有名なXMの一回のトレードの上限が50Lot。1LotはXMでは10万通貨なので、最大で500万通貨の取引ができる計算になります。

XMのスタンダード口座の最大レバレッジは888倍と、1000倍ほどの高さではありませんが、それでも国内FXよりも非常に高い水準です。資本金が10万円ほどであっても、高額のトレードができます。

海外FXとは、自己資金が10万円程度でも、短期間で100万円以上の利益が狙える世界なのです。

3.海外FXの注意点

海外FXならば、確かに国内FXとは桁外れな稼ぎ方ができます。ただし、それは取引に成功すればの話であり、失敗すれば国内FX以上の大損を受けることがあります。

少額からでも短期間で100万円以上の利益を狙える世界ということは、言い方を変えると短期間で100万円以上の大損をするリスクのある世界ということです。

それに加えて、海外FXは基本的にどこもスプレッドが国内FX以上に広いので、常に不利なレートを強いられやすいというデメリットがあります。

国内の狭いスプレッドに慣れているトレーダーがいきなり海外FXに挑戦すると、スプレッドの広さに面食らうものです。

これらのリスクに加えて、海外FXの業者の中には詐欺まがいの会社もあるので注意が必要です。中にはそれなりに知名度のある大手ですら、出金拒否をするなど、不祥事が発生することがあります。

以上のように海外FXは国内FXにはないデメリットがあるので注意しましょう。

4.海外FXで稼ぐコツ

海外FXは短期間で稼げる反面、スプレッドが広く、リスクが大きいというデメリットがあります。

そのため、稼ぐためには勝率の高いトレードのみを実践すべきです。勝ちやすい時間帯だけを狙い、トレンド相場のみをターゲットに絞ってトレードをした方が良いです。

逆に海外FXで絶対にやってはいけない事というと、負けたら倍プッシュをすること、ボックス相場などの不安定な相場で取引をすること、など。

海外FXを始めるなら、勝率の悪い勝負は絶対に避けましょう。それと、たとえ負けたとしても、倍プッシュで取り戻そうなんて考えは絶対に持ってはいけません。

FXで倍プッシュをする人というのは大抵の場合、損をする人です。稼げる人は倍プッシュなんてしません。

堅実に稼げる時だけトレードをする、それ以外は絶対にトレードはしない、ということを意識して取引をしましょう。

為替相場には嬉しいことに、トレンド相場という初心者でも勝ちやすい相場があります。わざわざ勝てるかどうかわからないレンジ相場で勝負をする必要はありません。

確かにトレンド相場はレンジ相場と比べて発生する頻度が少ないです。しかし、海外FXの魅力は、国内FX以上のハイレバレッジです。

トレンド相場だけを狙うとエントリーの回数が減ってしまいますが、ハイレバレッジな海外FXでは何度もトレードする必要はありません。週に一回勝つだけで、がっつり稼げる世界です。

週一回のペースでトレンド相場を見つけ、トレードをして稼ぐ、たったそれだけのことでもハイレバレッジな海外FXならば国内FXよりも多くのリターンを狙えるでしょう。

国内FXは確かにレバレッジが低いので、トレードのリスクも低いです。しかし、レバレッジが低いので稼ぎが悪く、トレンド相場だけでなくレンジ相場にまで手を出さないと、なかなか利益が伸びないです。

しかし、ハイレバレッジな取引ができる海外FXならば、無理してレンジ相場に手を出す必要がありません。トレンド相場だけを狙うだけでも、しっかりと稼げます。

5.まとめ

今回は海外FXの魅力と、そこで稼ぐコツを解説しました。

海外FXの利点は、国内FX以上のハイレバレッジです。

確かにレバレッジが高いとリスクも大きいです。思惑を外せば大損するでしょう。しかし、成功すれば週一のペースでトレードをするだけでもがっつり稼げます。

勝率の悪いレンジ相場を避け、トレンド相場だけを狙うなど、利益率の高いトレードだけを実践すれば、海外FXでしっかりと利益を出すこと十分に可能です。

もちろん、それを実行するためにはトレンド相場とレンジ相場を見極めるスキルが必須です。まずはデモトレードなどで、チャートの見方などを勉強することをおすすめします。

スポンサーリンク
お問い合わせ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク